ほぼ365日ハチ公を撮るボランティアとは


喧騒に包まれ、様々な国の人が行き交う

渋谷スクランブル交差点。

の、目と鼻の先にある「ハチ公像」が、今回の取材場所!

今日も今日とて、35度を超す真夏日の一日、

とくに渋谷は人の多さゆえか、体感温度が40度近い気さえしてきます。

駅を出て、ハチ公像を目指すと、ずらーっと人だかりが、

この人垣の先に、おりますのが、

はい。ハチ公像でございます。

普段は通り過ぎてしまうので、気付きませんでしたが、

外国の方が非常に多い。

ハチ公の隣に人がいない時は2秒たりともなく、

常に観光客の人が写真を撮っています。

そして、先ほどの2枚の写真に写っていましたが、

その写真撮影をサポートしている方が、今回の取材対象。

ハチ公前の写真撮影ボランティアをしている吉田茂さんです!

延々と撮影に来る人の携帯を手に、

ただ、ひたすらとシャッターを押し、

加えて、この炎天下

こ、これがボランティアだなんて、

あまりにも大変すぎます。

火曜日をのぞく10~12時半まで、シャッターを切り続けるんだそう。

特に大変なのは、30分おきくらいに来るツアー客だそうで、列が全部崩れて、順番なんぞ関係なしのカオスな状態になってしまうのだとか。

聞いているだけ、見ているだけでいかほどにハードか伝わりますが、

「仕事を辞めた今、何かを続けていくことが大事だからね」

と吉田さん。

その姿に感銘を受けた、夏の一日でした。


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

もうすぐオリンピック

いよいよオリンピックが今週からスタート。千葉県老人クラブの広報紙の取材で上総一ノ宮町のサーフィン会場に行ってきました。とは言っても会場には入れませんでしたので周辺をうろうろ。関係者のインタビューをしてきました。

家で仕事

家で仕事が当然の日々になり、打ち合わせもzoomでするようになった。パソコンにカメラがついていなかったのでカメラを注文。約1ヶ月かかって昨日手に入った。