●広告の掲載、誌面に関するご意見・ご感想、掲載に関するお問い合わせは下記メールフォームをご利用ください。 

お問い合わせ

一般社団法人百歳万歳

エール事業部

〒104-0032

東京都中央区八丁堀4-10-8 第3SSビル606

Email: hyakusai.yell@gmail.com

Tel    : 03−5542−0473

Fax   : 03−5542−0483

Search

知れば知るほど、深みに落ちていく童謡の世界


つい先日、東京音楽大学の公開授業に身を乗り出して行って来ました。

授業内容は

『童謡作曲家の世界』

実は、今年の7月1日は

童謡が誕生してから100年だそうで、それはそれは記念すべき年なんです。

童謡というと

その名前のごとく「こどもの唄」というイメージがありますが、

これがいざ知ると、とても奥深いことに気付かされます。

作詞家として後世にまで広く知れ渡っている

北原白秋は、

童謡に楽譜をつけるのを嫌がり、人それぞれ、自由に謳われることを理想としましたが、

夏目漱石の門下である鈴木三重吉が童謡の児童文学誌『赤い鳥』を発刊した際に、

成田為三らが童謡に音楽を吹きこんでいったとされています。

今回は、童謡の作曲分野で一時代を築いていった

成田為三、

詩の高低アクセントを意識した 山田耕作、

20代で芸大助教授になり、輝かしい功績を誇るエリート 本居長世、

子どもに愛されるメロディーで作曲した 中山晋平、

4人の作曲した童謡を聞いてきました。

みなさんもご存知、

「夕焼~け、小焼け~の、赤とんぼ~♪」の『赤とんぼ』や

「カ~ラス~、なぜ鳴くの~」の『七つの子』

「しょ、しょ、證誠寺、證誠寺の庭は、」の『證誠寺の狸囃子』など、

全20曲以上の童謡を、講義で得た少しの教養を蓄えて聞きました。

『證誠寺の狸囃子』を作曲したのが中山晋平と聞くと、「しょ、しょ、」というフレーズのキャッチ―なメロディーも納得です。

また、詩のアクセントを意識した山田耕作の作曲した

『赤とんぼ』のアクセントが、

     ⤵ ⤴           ⤴ ⤵    

従来の「赤とんぼ」と違い、  なぜ「赤とんぼ」なのかというと、

唄の「赤とんぼ」のアクセントは東京弁なんだそうです。

多くの発見があり、100年の今年に

童謡の魅力を再発見してしまいました。


5 views