​俳句・川柳・短歌

前号(2022年エール春号)で
優秀作に選べれた作品をご紹介します。

たくさんのご投稿ありがとうございました。

​俳句​

​優秀作

◆選者から

​素朴で大らかな埴輪の表情や並ぶ姿が目に浮かぶ。すべてのものがゆったりと在るがままに。雲雀の声も聞こえる。​

のどけしや笑ふ埴輪の並ぶ里  神奈川県/草野洋二さん(88)

​短歌

​優秀作

◆選者から

優秀作の春さん、ふわふわの菜の花のたとえが絶妙で、読者に幸福感を感じられる見立てです。中根さん、下の句の助詞の使い方が独特です。いのちは春を静かに育つ、という言い方にははっとさせられ、詩になっています。

スクランブルエッグのようにふわふわの菜の花ゆれる通勤の道

静岡県/春ひよりさん

大雪の下に塞がる土の中いのちは春を静かに育つ

 長崎県/中根涼さん(63)

​川柳

​優秀作

◆選者から

​最優秀作の山内弘子さん、お茶によく通った道の「むくげ」を偲ぶ句。98歳の年輪の深さを感じます。

底紅のむくげ恋しやお茶の道      和歌山県/山内弘子さん(98)

​◆皆さまのご応募をお待ちしております。
詳しい応募方法はこちらをチェック➡︎