おひとりさまって本当に幸せ??


誰もが不安を抱かずはいられない老後の暮らし。

パートナーがいないという状況であれば、なおさらその不安は掻き立てられます。

ところが、考えてみてください。

いくらパートナーがいたところで、離別、もしくは死別してしまった場合、

待っているのは、「おひとりさまの老後」です。

特に、平均寿命が男性よりも高い女性は、

一人で老後を過ごす年月が多くなります。

このおひとりさまの暮らしって、幸せなのでしょうか・・・

そこで、

今から10年ほど前、後に大ベストセラーとなった『おひとりさまの老後』を書いた

上野千鶴子先生の元に取材しにいきました!

眺めがあまりにもよすぎる取材場所にて。

やっぱり老後の一人暮らしで不安なのは。

・お金

・寂しさ

この2点ではないでしょうか。

まず、「お金の面」。

体が不自由になって生活出来ない、そんなこんなで介護が必要になったら心配ですよね。

でも、実は、介護保険、医療保険の充実により、

年金で何とかやりくりできるんです!

ここでは、細かくやりませんが、

続いての「寂しさの問題」。

人と触れ合うのがあまり好きじゃない。どちらかというと、一人が好きな人もいるでしょうが

多くの人は、ずっと一人だと寂しい気持ちになってしまうでしょう。

特に、パートナーと一緒に過ごして、離別、死別した人ならなおさらです。

ところが、寂しさのアンケートをシニア何百人にとったところ、

これまた、寂しさは時間が解決してくれることが判明してしまったのです・・・

・・・

早くも、QED~証明終了

ということで、おひとりさまの暮らしは、(個人差あるが、)幸せに暮らせる!ということです。

もちろん、それ「相応の行動」は必要です。

保険の手続きや、繋がりが欲しい人は趣味活動の場に通って、友達を作ったり。

それでも、今の世の中、昔に比べたら

一人で外食も、飲みも、お出かけも、旅行もしやすくなり

おひとりさまに優しい社会になったということです。

中には、「他人への興味がなくなっただけ」だ!という人もいますが、

裏を返せば、「他人に寛容な社会」

良いじゃありませんか・・・万歳!おひとりさま!決して結婚できない人の負け惜しみじゃありませんよ!


最新のブログ
アーカイブ
タグ
No tags yet.