風呂敷の包み方


風呂敷の包み方を取材して来ました。風呂敷は反物の余ったものを切って端を縫ったもの。だから切った方の2片しか縫ってない。両端は織ったまま。それに正方形ではなく、縫った方が少し長いとか。たかが風呂敷、でも奥が深い!


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

家で仕事が当然の日々になり、打ち合わせもzoomでするようになった。パソコンにカメラがついていなかったのでカメラを注文。約1ヶ月かかって昨日手に入った。